犬のシャンプーをする事には肯定的な方でも猫のシャンプーには否定的な方が相当数いらっしゃいます

理由を聞くと
『猫は水が嫌いだから』
『猫は自分で舐めて洗ってるから大丈夫』

とこの2つの理由をあげる方が大多数を占めます

確かに犬に比べて水(シャンプーの時はお湯ですが)に濡れることを嫌がる子は多いでしょう

しかし犬の中にも濡れるのが嫌いな子は多い(柴犬など)ですし
猫の中にも平気な子は意外と多いのです

問題はシャワーの当て方や洗い方などが大きな原因なので
ゆっくりと様子を見ながら洗ってあげることで多くの猫ちゃんは素直に洗わせてくれるものなのです

中には『1度家で洗って大暴れしたからウチの子はシャンプーが嫌いなんだ』

と諦めている方もいらっしゃいます

そんな方々に言いたいのは
《プロでも難しいとされる猫のシャンプーにチャレンジしないでください》

当然経済的な理由等から家でのシャンプーをされたのだとは思うのですが

猫のシャンプーには犬のシャンプー以上に知識や技術が必要なのだということをご理解いただきたいのです

技術が無ければ必要以上のストレスをかけてしまうこともありますし

場合によっては人・猫共に大きな怪我をしてしまうこともあります

プロだからこそ大きくストレスを軽減させながら手早くシャンプーを行うことができるのです

猫が初めから水嫌いなのではなく唯の思い込みや
シャンプーの失敗から嫌いになってしまっているのかもしれません

次に『全身を舐めているからキレイ』と言われる方には必ずお話しさせていただいているのですが

《全身に唾液をつけててキレイな訳がないじゃないですか( ̄◇ ̄;)》

まぁわかりやすく言うとこうなるのですがもう少し詳しく

猫は犬に比べて綺麗好きで全身を舐めとって汚れをとる習性があります

なので見た目はそれなりに保たれているのですが先に記した通り唾液なので
当然雑菌は繁殖し放題ですし脂が落ちるわけではありませんから体臭もキツくなってきます

菌が繁殖すれば皮毛へのダメージから皮膚病などにもかかりやすくなるでしょう

シャンプーをすることで皮毛の健康を保つこともできますし
全身を触るので簡単な触診を行う事で病気の早期発見なども期待ができます

頻度は月に1度を目安にしていただければ安心です

ペルシャなど長毛の猫はもつれが起きやすいので2週間に1度でもいいでしょう

2週間に1度ではやり過ぎだと思われる方もいらっしゃるでしょうが
犬猫用シャンプーも非常に質が良くなり毎日でも洗える低刺激性の物が殆どですから全く問題はありません

長々となりましたが当店では愛猫と気持ち良く接していただく事をお手伝いができればと思っております

是非1度当店の看板猫や仔猫達を触ってみてください
きっとその手触りが違う事に気がついていただけると思います

ご来店お待ちしております
img_0090img_0093img_0094img_0095img_0099img_0101img_3466